SSブログ

日比谷花壇発☆お花のフレッシュ便だからできる☆豪華なバラでお部屋を飾ってみました♪ [Life Style]

日比谷花壇さんのお花のフレッシュ便は生花市場から直接自宅へ届けてもらうシステム。目利きのバイヤーさんが直接競り落としたお花がお家に届きます。そのため、梱包はプレゼントと違って、リボンなどの装飾がなく、新聞紙にくるまれてくるというとてもシンプルな形で届きます。


1147_top.jpg


このお花のフレッシュ便をモニターをさせていただけることになりました。日比谷花壇様、ありがとうございますヽ(´▽`)ノ


072g.jpg
●市場から直接届くのです♪

実は、届いた時にちょっとしたアクシデントがありまして…。配送の方が、私の目の前でバランスを崩されて箱が斜めに倒れかけました ^^; セーフでしたけれど、とても不安そうに「大丈夫か、中身を確認してください」ということになりました。

日比谷花壇さんの「配送」システムは、何度も何度もかなりの揺れや傾きに耐えられるようにテストされているということも知っていたので、「あ、大丈夫だと思いますよ」ってすぐにお答えしたのですけれど、念のためにということで、その場で開封しました。もちろん、問題なしでしたよ♪


1085_open.jpg


今回は真っ赤なバラが10本届きました! まず、その丈にビックリしましたよ(笑)。ネットの写真から想像していたよりも遙かに大きなバラだったからです。お花も大きければ、茎もとても太くしっかりしているし、葉っぱはわさわさとついています。

ちなみに、どのくらいの大きさなのかしら…って、計ってみたところ、70cmくらいありました!  


41504.jpg


あのね…余談なのですけれど…。 ↑ この全体が入る写真を撮るのに、普段使っているカメラだと入りきらなくて…うちが狭いというか…^^; 慌てて広角レンズのついているコンデジに持ち替えて撮影しましたさ(笑)。そのくらい大きかったのです。


1088.jpg


市場から直接届くので、本当に瑞々しい状態ですね^^ 
何も処理されていない状態なので、届いてから自分で下処理することになります。



072g.jpg
●お花屋さんのありがたみがわかります(笑)

処理の仕方は、一緒に入ってくる「フラワーレター」にいろいろ書いてあるので、助かりました。


41502.jpg


書いてあるように、「トゲ」はかなり鋭いですよ^^;

9846_280.jpgベランダで和バラを育てている(右の写真が我が家の「しずく」ちゃん。他にも「あおい」ちゃんがいます♪)ので、トゲ対策としてのガーデニンググローブを持っていたのは重宝しました。

バラのトゲの扱いには多少は慣れているつもりでしたが…、その鋭さもずいぶん違っていて、バラさんを持ち上げるのにもちょっと勇気がいります。素手の方はくれぐれもとげにご注意くださいませ。葉っぱにもトゲがついていますよ!


1133_toge.jpg


葉っぱとトゲを落とし、丈を決めるために水切りします。あまりに長いので、バケツの中で、一度では切れずに何度かにわけて短くしていきました。


1121_toge.jpg


こんなに長いお花を入れる大きめな花瓶は…今、我が家にはありませんね。。。昔は「カラー」が好きで、たまに買ったりしていたからあったのだけれど、引っ越しの時に壊れてしまって(お気に入りだったのに… T T)、今はお家にはないのです…。さてどうしよう…。

いくつかの花瓶を出して並べてみたものの…。うーん。長い丈は生かしたいけどこれらの花器だと無理ですねぇ…。ということで、短めにしていくつかに分散させることにしました。


1116.jpg


水切りしたお花をとりあえずその場で入れていったので、長さが不揃いのままですが…^^;
8輪、1輪、1輪におさめてみました。


41509.jpg


ここまでやって、お花屋さんのありがたみがわかりました(笑)。市場からそのままくるお花って下処理が結構大変ですね。だけど、自分でやっただけ、愛着もわきましたけれどね^^*



072g.jpg
●なんて優雅な気分でしょう~☆

ここまでゴージャスでしっかりとした真っ赤なバラを10本もお家に飾るのは、もしかして…初めてかもしれません!

8輪入れた花瓶は、玄関にしようかな? と思いながらも和室のちゃぶ台に置いてみました。ティータイムがとても優雅な気分になります!


1150.jpg


バラって華やかで洋風なイメージがありますが、和のアイテムにもしっとりと馴染んでくれるのですね。


1159.jpg


1輪挿しにしたバラさんの一つは、洗面台のところに置いてみました。朝、顔を洗う時、仕事(外)から帰ってきてうがいをする時、お風呂に入る時などに顔を合わせることになります♪ 一番話しかける率が高いかも…(笑)。


1224_c.jpg


唯一長めに切ったものです。お水の吸い上げが心配だったけれど、1週間近く経った今も元気です!

そしてもう1輪は、短く切ってテーブルの上へ。


1221.jpg


お食事時に一緒にワイワイしています♪



072g.jpg
●気候が恨めしいけれど…

先週の土曜日にお花が届いて、今日で1週間。一昨日あたりから、8輪挿したバラさんたちの元気がなくなってきて、頭が垂れた状態に…。毎日、お水もかえてあげているし、延命剤(?)も入れてあげているのだけれど…。玄関の靴箱の上に置いていたんです。この1週間ってものすごく気温の変動があったり、蒸したり…と玄関口は過酷だったのかもしれません。


1112.jpg


もしかすると、私の茎の切り方がダメだったかもしれないな…とかいろいろ考えてちょっと悲しくなってきたのですけれど、どうしてもお水を吸い上げてくれない時は、茎をもう少し短く切り戻してあげる方法を以前、教わっていたのでやってみました。…が、結局ダメ…。

あ…[ひらめき]

日比谷花壇さんのシニアデザイナー福井崇史さんのブログ「タカシのウチ花」で以前読んだ記憶が…うっすらと…!

お皿にお花を浮かべていたっけ…?


1246_c.jpg


ということで、思いきってガクの下あたりでカットしてコーヒーカップに浮かべてみました。

そうしたら、すごく元気が戻ってきてくれて! 良かった!!
しかも超カワイイじゃありませんか( ´艸`)

どうしても、花びらがパラパラしてきちゃった子たちは、このまま乾燥させてポプリみたいに出来ないかなぁと思って、かごに花びらを並べてみました。


1261.jpg


そんな感じで、たくさん、たくさん、楽しませてもらっています!

豪華なバラさんたちが、たくさんお家にいてくれると、ちょっと「ときめき」みたいなドキドキ感があって、それでいてほっと落ち着けるような気がします。

多分…お花屋さんに行っても、自分のためにはなかなか購入しないようなお花のチョイスだと思うので、日比谷花壇さんの「お花のフレッシュ便」は、自分にとってまた違ったお花の楽しみ方を教えてもらえるんじゃないかな^^*


1164.jpg


ネットでオーダーするのも手軽だし、お値段的にも庶民に手の届く範囲(税込で3,000円弱+送料)だと思うし、この手軽さは、ちょっと雑貨でも買おうかしら…くらいの軽いノリで、ポチっと注文できそう♪ 

季節に沿っていろいろなお花を届けてもらえるシステムだから、自分の気になるお花の回に注文してみるのも良いかもしれませんね。今回送っていただいたこのバラさんたちと同じような子たちが届く回の締切は6月22日(支払い方法によっては21日)。お届け日は、27日か28日を選ぶことが出来ますよ。


1232_c.jpg


今回のバラさんを逃してしまった方も、この先、他のお花が届く会が続々とアップされていくと思われます。詳細は、日比谷花壇さんのページでご確認くださいませ♪

詳しく知りたい方はこちらからどうぞ[次項有]お花のフレッシュ便icon



日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便



リンクシェア・ジャパン レビュー総選挙



+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+



スポンサードリンク


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 6

コメント 4

sig

花の形がすてきで、ずーっと、写真の美しさに見とれていました。最後の最後まで楽しめて、よかったですね。花びらを紅茶に入れたら香るかな。
by sig (2015-06-20 19:24) 

suzu*

ウワッ♪ ウワッ♪ ワワワ♪
真っ赤っかなバラ^ ^
赤ってよか…真紅言うたほうがピッタシやな?
綺麗やわぁ。
トッコさんやないねんけど
100万本のバラ♪
青いガラス瓶にさしとると ビューテフル!
我が家のピンクのもエエけど
花屋さんのバラは格別やんな。
by suzu* (2015-06-20 22:20) 

うさ

>sigさん
わー! ありがとうございます^^* 最後の最後までというか、ポプリにした2輪以外は、まだまだ元気に咲いているので、もう少し楽しめそうなんです〜♪
なるほど! 紅茶は考えつかなかったですね〜。そんな楽しみ方もありそうですね^^ ただ、この種類はあまり香りは濃いものではないような気がします。でも、視覚的にはとても刺激されそうですね! 楽しみ方のアレンジを教えていただき、ありがとうございます!
by うさ (2015-06-21 01:06) 

うさ

>suzu*さん
うふふ(*´艸`) そうなんです。「真紅」がまさにピッタリな表現の赤いバラです♪ 赤い薔薇は青い花瓶はどうかなぁ…と思ったのですが、これがまた意外とマッチしちゃって、私的にも一番お気に入りです。昔持っていた大きな花瓶もこんなブルーの花瓶だったので、また同じようなのを見つけたら速攻で買っちゃおうかな…^^;
我が家のバラさんとは、また全然違った「気高い」雰囲気を漂わせてくれるバラさんたちなので、飾った雰囲気もすごく違っています。
by うさ (2015-06-21 01:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0