SSブログ

「薬膳マイスター養成講座」テキスト1の課題提出とテキスト2に突入!☆その3 [修行中メモ]

通信教育の「がくぶん総合教育センター」で「薬膳マイスター養成講座」という通信講座を始めて早2ヶ月。教材が届いて難しそうだ…と泣きが入りそうになりながらも、読み始めると面白くて…!! というのが前回までの大筋。

さてその後のご報告です。( ↓ 金魚じゃないよ(笑))

くこ白ワイン23596.jpg



●テキスト1を終えたよ

テキストの1冊目「薬膳(和漢膳)とは」を読み終えました♪ 「薬膳」について、何となく見えてきた感じ。主に「薬膳」の歩みというか、歴史的な背景あたりを学びました。

そして…この1冊目のラストに近づいて…
「五行」についての考え方の項目があったんです。
薬膳でいう「五行」って行数じゃないんですよ(笑)。

「木・火・土・金・水」という自然界も人体も5つの性質に分けて全体のバランスを保つ仕組みのことを意味するんですって。そこで初めて、この「薬膳」の表紙になっている文字、「酸」「苦」「甘」「辛」「鹹(かん)」を発見!! これだけ見て何のことかわかった人がいたら凄いと思います^^

テキスト24788.jpg


なんと「味」を表現している漢字だったんですね。ちょっとねぇ、これが結び付いた時は感動しちゃいましたよ。オーバーに聞こえるかもしれないけれど、始めた時から、何のことかなぁと思っていたから、ああ、こういうことだったんだ〜〜〜♪ ってスッキリしたというか、嬉しくなったというか。単純な私をどうか笑ってやってください(笑)。

まぁ、そんなこんなで、ますます「薬膳(和漢膳)」を選択して良かったなぁと実感も出来ました^^v 


●丁寧な添削

この「薬膳マイスター養成講座」では、1冊終わるごとに、課題を提出していくシステムになっています。課題を提出…平たく言うと「て・す・と」ってことですよ〜〜^^;

とはいえ、そんなに固く考えなくても、ヒントはテキストに全て書かれていることなので、大丈夫!! 投函した時と返信が届いた時はちょっとドキドキしましたけれどね。それで…採点結果はというと…。

封筒24779.jpg







↓ 引っ張ってみる(笑)













えっへん! 100点!!

添削は丸で囲まれたのですが、更に確認事項として講師の先生から言葉が添えられていました。ポイントはしっかり頭に叩き込んでおかなきゃ! ちょっと身が引き締まったりしましたよ。

100点24785.jpg


その他にもこうして丁寧に手書きでコメントを書き入れてくださいます。こういうフォローもしっかりしていただけるのは、ありがたいシステムですよね。

ちなみに、質問用紙という物もついているので、何か疑問に感じたら書き込んで郵送するというシステムになっています。


●ちょっとだけ自主予習で、生薬入れて作ってみたよ。

ここまで勉強して、もう早く自分の食卓にも取り入れたくてちょっとうずうず(笑)。ということで、レシピ本も教材に入ってきているので、2品程作ってみました♪

というのも、スーパーで「生薬」を見つけちゃったんですよね。
たいていのスーパーで置いているんじゃないかな。手に入りやすいものです。

「くこの実」と「松の実」。お料理に使ったのは「くこの実」の方。この記事の一番上の写真がその「くこの実」です。くこの実は白ワインにつけて戻すっていうのもお気に入りポイント(相変わらず飲ん兵衛な私…)!!

マツ&くこ23590.jpg


今回は、くこの実を使ったものと、前回ちょっとご紹介した「生薬」だという「しその葉」を使ってみました。

まずは、「鶏ささみとアスパラガスの梅春巻き」
レシピは、アスパラだったのだけれど、なかったのでエンドウ豆で代用して作ってみました。

春巻き23606.jpg

このお料理は「四季を元気に過ごす薬膳」として、春の薬膳メニューに入っていました。鶏肉は滋養・強壮作用がある食品。しそは、身体を温めて冷えを除く、新陳代謝を盛んにする等々。元気の要素がつまっています^^


もう1品は、「エビとブロッコリーのニンニクマヨ和え」
揚げた海老と茹でたブロッコリー、そしてここに白ワインで戻した「くこの実」をニンニクマヨ+αで和えたもの。

海老とブロッコリ23607.jpg

このお料理は、疲労回復のメニューに入っていました。

クコの実はβカロチン、ビタミンB群、Cや鉄、マグネシウム、亜鉛など15種類以上のミネラルを含んでいて、疲労、無気力、頭痛、目の疲労などの回復に用いられるそうです。


まだ組み合わせ方とかよくわかっていないので、パラパラと本をめくってこれかなぁと適当にメニューを組み合わせただけですが。こんな感じのお料理が「薬膳(和漢膳)」なわけですよ♪ 薬臭いイメージのご飯とは大分違うでしょう? 普段のお料理に意識的に食材の効能を考えて取り入れていくだけで、生活が変わっていきそうなんですよね。早く自在に操れるようになりたいな^^


●テキスト2は細かなことが多くて大変!

さて、テキスト1を楽しく終了し、すかさずテキスト2に突入しているのですが、いやはや、これがまた結構難しさが増したといいますか、細かな大切なことがたっくさん出てきて当然のことながら、覚えきれませんorz 

学ぶことは「食材と生薬について」いよいよ本格的にというか、具体的に学ぶわけですから、一筋縄ではいかないのは当たり前かな…^^; 

テキスト4787.jpg


一度に全てを覚えようと気負わずに、まぁ、マージャンとか花札の役のように、一つ一つ徐々に覚えていこうと思っています(喩えがよくないかっっっ?!(笑))。


私が現在使っている教材は、通信教育の「がくぶん総合教育センター」の「薬膳マイスター養成講座」です。私のようにど素人でも、とりあえず今のところくじけずに学んでいけているし、テキストが読みやすかったり、とっつきやすい感じに作られていると思います。

気になった方は、資料の取り寄せは無料で出来るので、こちらからどうぞ。
[次項有]薬膳マイスター養成講座





〈関連記事〉
[1]がくぶんの通信講座を始めます! 序章☆教材が届くまで
[2]通信講座で「薬膳(和漢膳)」をスタートしました☆その2
[3]当記事

この続き記事を書きました。通信講座「薬膳(和漢膳)」その4を読む
[次項有]がくぶんの「薬膳マイスター養成講座」受講中☆その4☆テキスト2〜3へ進み








+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+



スポンサードリンク






nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 10

こうちゃん

100点かぁ、学生時代
一番多く、100点をとった教科は意外にも
古典だったんだよなぁー。
by こうちゃん (2012-03-01 08:55) 

明

w(゚o゚)w オオー!順調ですね。
100点はすごいなぁ!
by 明 (2012-03-01 13:03) 

みんこ

くこの実、白ワインで戻すといいんですねぇ〜。なるほど!
エビとブロッコリーのマヨ和え美味しそうよー!!くこの実が
入っていると、グッと美しくなりますねぇ〜。春巻きもしその
香りを想像して、なるほどー!と思いました。梅と鶏肉も合うし
梅としその実も合うし、美味しいこと間違いなしですね。
薬膳とはいえ、普段の料理にも十分役立ちますっ!
by みんこ (2012-03-02 00:27) 

うさ

>こうちゃん
をを…! こうちゃんって意外にも古典が得意だったんですか? なんか理数系のイメージを勝手に抱いておりました(笑)。私は学生時代100点とれたのは、小学生までかなぁ。中学時代はほとんど記憶ないし、高校は赤点組で、得意科目は一つもなかったかも…orz 大学に入ってからはお勉強が楽しくなったんですけどねぇ。それでも100点は取れなかったなぁ。。。
by うさ (2012-03-03 00:53) 

うさ

>明さん
テキスト1は、そこそこ順調に吸収出来た気がします^^v だけど、100点はズルもありなので^^; あと、何択とか、○×式とかの回答方法だから、とりあえず大丈夫でした。だけどテキスト2はそうはいかなそうなので、心してお勉強中です!
by うさ (2012-03-03 00:53) 

うさ

>みんこさん
くこの実、白ワインで戻すって書いてあったんですよ〜。全然私も知らなかったので、面白いなぁ〜〜って思ってしまいました。くこの実ってちょっとすっぱくてジューシーな感じの物だったんですね。それも初めて知った私です。
春巻き、美味しく出来ましたよ!! これ、普通に小麦粉、卵、パン粉をまぶすパターンのは作ったことがあったのですが、春巻きの皮で揚げる方が圧倒的に楽に出来るので、そういう意味でもレパートリーに入れられそうな感じでしあ♪ お薦めです!! あ、味付け忘れないようにね♪
by うさ (2012-03-03 00:53) 

sig

こんにちは。
100点満点、おめでとう! お料理は120点です。
私は香辛料をはじめ香りの強いものが好きなので、クコの実や松の実などもすきです。シソは「ゆかり」というのをスーパーで買って、ご飯にかけたり、お湯で飲んだり(とても原初的)よく使っています。
by sig (2012-03-03 11:33) 

moz

酸、苦、甘、辛、鹹、なんですね。最初「鹹」って意味が分かりませんでしたが、しょっぱいってことなんですね ^^;
一つ勉強させていただきました。
薬膳、やっぱり食べることが基本ですから、薬膳っていいかもしれません。薬って言うより食べるもので整えられるなら、体に一番ですね。
そして、こんなに美味しいものを作れるなんて・・・ジュル~です ^^
鶏ささみとアスパラガスの梅春巻きもエビとブロッコリーのニンニクマヨ和えも美味しそう・・・ ^^;
やっぱり白ワインですかね。シャブリとか合うのかな?
by moz (2012-03-03 18:14) 

うさ

>sigさん
ありがとうございます^^ お料理にまで良い点数をいただき、嬉しい限りです♪
sigさんは、匂い好きだったんですね(笑)。クコの実や松の実の食べ方を今度教えてくださいね!! 蓮の実も食べていらっしゃいましたものね。「ゆかり」は私も好きです! ご飯にかけるだけじゃなく、お湯で飲んだりもされているなんて! それじゃあ私は焼酎割あたりで試してみましょうかね(笑)。
by うさ (2012-03-04 02:11) 

うさ

>mozさん
「鹹」ってまずは読めなかったし、私も何のことなのかわからなかったのですが、そうなんですよ。塩辛い味のことだったんです。漢字のイメージ的にもあまり結びつかなかったんですけれど。こんな文字が外字じゃなくちゃんと標準の日本語の文字として存在していることも驚きでした。世の中、まだまだ知らない漢字がいっぱいありそうです^^; 
上のお料理だと、そうですね。白ワインが合いそうですね^^ ちなみにこの日は麦酒を合わせましたが(笑)。お酒との相性も考えながらお料理出来るようになるともっといいですよね〜。そこまでの修行はさすがに無理そうかも…。
by うさ (2012-03-04 02:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0