SSブログ

シャーク スチーム モップ プロはお家でプロ並のお掃除が簡単に出来てしまう♪ [楽(らく)家事〜苦手なお掃除]

今月10日、お世話になっているA8.netさんのフェスティバルが行なわれたので出かけてきました。こういう大きなフェスティバルでは、広告主さんと実際に会ってお話させていただけたり、現物を見せていただけたり、文章を書くコツや写真を撮るポイントなどのセミナーを無料で受講することが出来たり、私にとってはとても貴重な空間です。

そんな中で今回とても目を引いた商品についてまた少しずつご紹介していこうと思います。

第1回目はショップジャパンさんの「シャーク スチームモップ プロ」!

19879TOPall.jpg


●シャーク スチームモップ プロ

そんなわけで「シャーク…」とはなんぞえ? と思われている方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明すると…。

「暮らしとココロに『[exclamation]』(ワクワク)を提案するブランド」をキャッチコピーにしているショップジャパンさんが販売しているお掃除家電・お掃除用品が「シャーク・シリーズ」。

そして「シャーク スチーム モップ プロ」は、どんな掃除用具かというと、100℃の水蒸気(スチーム)で床を磨く、つまり雑巾がけしていくという作業をモップ・スタイルでやっていくという物なんです。

19882山本さん実践.jpg


動画では床にクレヨンで何か子供がいたずらがきをしてしまったという想定でクレヨンを一掃しちゃうところなのですが、あっという間のことでうまく録れていなくてごめんなさい(大汗)。スタッフのYさんに説明していただいたので、まずはこちらをご覧ください。




●シャークの凄いところと、自分が感じたこと

[かわいい]凄いところその1=腰の負担が少ないかも♪

まず使用した感触として、姿勢がすごく楽ということ! 床の拭き掃除は雑巾を洗って、絞って、座り込んで、力をこめて…となかなかの重労働。これが立ったままモップがけ状態でさらっと出来てしまうのはかな〜りラクチン作業♪ しかも力いらないし。

一応ハンドルの高さの調節が結構な長さで(約112~130cmまで)伸縮可能になっているので、自分の高さに合わせられるみたい。

20616長さA1.jpg20617長さA2.jpg


…が、私、身長は155cm。一番低いところにしたのですが、最初は気持ち程度これは長過ぎじゃない…? な位置に感じました^^; もしかすると外国人の高い身長に合わせて作られた物だから…?! とはいえ、使っていてこの長さに慣れてしまうとなんてことなく、むしろ腰に負担があまりかからないような気がしてきました。考えてみれば、掃除機をかけている時の長さの感覚があったかもしれないけれど、掃除機はちょっと腰に負担がかかるんですよね…。


[かわいい]凄いところその2=100℃のスチームの威力

100℃のスチームが出ることによって、洗剤を使わずに水だけで掃除が出来るんです! しかも除菌も出来るし、しつこい汚れも楽に落とすことが出来る! という優れもの♪ フローリング、畳、カーペット、浴槽やトイレ等々、様々なシーンで使うことが出来るということも素晴しい[ぴかぴか(新しい)] 

だけど…「畳は湿っぽくならないのかしら?」とちょっと不安に思ったりもしました…。

20386畳にモップ.jpg20389畳に使用.jpg


…が、心配無用でした。というのも、100℃という温度の成せる技なのでしょう。スチームモップをかけているそばから、(多分)蒸発しちゃって、ものすごく爽やかなサラサラ感触に変わっていくのがわかるのですよ☆ それがすごく気持ちよくって、思わず靴下を脱いで裸足で歩いたり、ゴロリと寝転がったりしちゃいました。

20628床畳.jpg


畳がサラサラに!! いい感じでしょう? ↑


[かわいい]ちょっと気になったことは…

このスチーム・モップ・プロにはスイッチがついていないのです。コンセントの抜き差しが電源ということになっているので、慣れないと微妙な感じがします(笑)。あと、電源コードが5mということなので、もう少し長くても良いのではないかしら…と思ってみたり…。

とはいえ…取材していて、これ絶対に欲しい! と思った商品だったのですよ。

上記のことを踏まえて、特にお薦めしたい人(私の感覚でです)は、
[リボン]ペット[犬][猫]を飼っている家庭
[リボン]赤ちゃんや小さいお子さん[目]がいらっしゃる家庭(以上は床の雑菌)
[リボン]仕事が忙しくなかなか掃除出来ない家庭([時計]時短!)


私は3つめにあたるので、めっちゃ欲しい!! そして…!! 実はこのA8フェスでは抽選会も行なわれ、私、なんと当たってしまったんですよ〜〜☆ この「シャーク スチーム モップ プロ」が[exclamation×2] もう鳥肌もので嬉しかったのですぅ〜〜♪ 


●どんな内容の物が入っているか

20309届いた箱サイズ.jpgと、いうことで、
お家に届いたので
本日はどんな仕様で届いたのか、
セットされている内容や組立など
もう少し詳しく
お伝えしますね♪

届いた箱はこのくらいの大きさ。畳の半畳分より小さい長さです。 ↑

この中に入っていたもの一式はこちら ↓

20318内容一式.jpg


ヘッド部分は四角いレギュラータイプと三角のタイプの2種類。三角タイプは、トイレやお風呂など狭くて入り組んだ場所に便利ということらしいです。

20330型四角.jpg20336型三角.jpg


このヘッドにつけるパッドは、四角い方には下記3種類、三角の方には下記のうち上の2種類がセットされています。

[かわいい]ハイパーパッド=お掃除する場所を選ばないスタンダードなパッド。

20326ハイパーパッド.jpg20327ハイパーパッド.jpg



[かわいい]マイクロファイバーパッド=その名のとおり、キッチンの油汚れや、玄関の泥んこ汚れにも対応しちゃう極細繊維のパッド。

20321マイクロファイバーパッド.jpg20322マイクロファイバーパッド.jpg


[かわいい]ダスターパッド=ホコリを逃さずキャッチする吸着力に優れたパッド

20323ダスターパッド.jpg20325ダスターパッド.jpg



●組立てました

いろいろ入っていたけれど、使いこなせるかしら? だけど早速使ってみたいわ^^ と組立て始めました。取説(取扱説明書)の最初の方に簡単に「使い方チャート」と図解入りで書いてあるけれど、その後にもっと詳しく書かれているページがあるので、そちらを読みながら組み立てることをお薦めします♪(チャートだけだと「?」部分が出てきてしまったのでっっっ。)

[1]専用パッドを取り付ける。
このパッドの取り外しはとても親切設計になっているなとこんなところでも感心(笑)。止めるところはマジックテープ、そしてサイドにはゴムがついているのである程度の伸縮性があり、実に簡単に付け外しが出来ます。

20341カバー1.jpg20342カバー2マジックテープ.jpg20343カバー3ゴム.jpg


[2]ハンドルを本体に差し込む

[3]電源コードを止める
3カ所かけるところがありました。コードがもつれたりすることなくスッキリとします。

20350コードかけ.jpg20375コードすっきり.jpg


[4]専用ヘッドを本体に取り付ける
ちょっとだけとまどったのですが、取説を読むとちゃんと書いてありました。ツメと溝を合わせて差し込めば問題なしです^^;

20352差込.jpg20355差込.jpg


ということで、これで組立完了です。機械が苦手な私でも大丈夫でしたよ^^ 


●お掃除の準備はお水を入れるだけ

組立は一度やってしまったらOKなので、普段、この上までの手間はかかりません。お掃除を始める時はここからの準備を整えるだけでOK。といってもフタをはずしてお水を入れ、電源を入れるだけです(笑)。

20339水入口1.jpg20340水入口2.jpg


こぼれないような細長い形の計量カップも付属品として入っており、お水の量を計って入れることも手軽に出来ます。

20362水カップ.jpg20364水入れ.jpg

このタンクの容量は以前のものよりも少し増えたみたいで、タンク440ml。これだけ入れておけば2LDKの我が家では一通り間に合いましたよ♪

お水を入れたら電源コードを差し込みましょう☆
スイッチ・オン♪ オンになったらシャークのロゴの周りにブルーのライトがつきますよ☆ この状態で30秒くらい待っていてくださいね。

20316ロゴオフ.jpg20385スイッチオン.jpg


そうして、こうして、お掃除開始! お掃除してWow!!って思ったり、なんだかルンルン気分で磨いていくことが出来ました。お掃除嫌いだった私に一筋の光が…! どんな様子で部屋を掃除していったかは、大掃除前くらまでにまた別記事にてご紹介していこうと思っています☆ 

お掃除後の我が家のリビングのフローリング

20632床フローリング.jpg


お掃除後の我が家の台所の床

20627床台所.jpg


久々にぴっかぴかになって嬉しかった〜〜☆
そして、最後は取り付けたパッドを洗っておしまいでっす♪ 写真は手洗いしておりますが、「洗濯機にポイ!」で本当は大丈夫ということでした^^ 後片づけも手間いらずですよね。

20397お手入れ.jpg20624洗う.jpg


今日も長々となってしまいましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました^^

〈この日の反省点〉
毎日お掃除している人はいきなり掃除機なしでも良いかもしれませんが、我が家のように何ヶ月(?!)掃除機をかけていなかったっけ? 状態のご家庭は一度掃除機をかけてからの方が良いと思います。というのも、ほこりがくっついてくるのですが、「もろもろ」と固まって床に付着すると逆に取れ難くなってしまったり^^;(台所の床の黒いしみみたいなのがそれです)

そしてパッドを洗った時に付着してしまった「もろもろ」がなかなか取れなかったりしました。


もっと知りたい、購入されたいという方はこちらからどうぞ♪
[次項有]ラクラシー スチームモップ【Shop Japan(ショップジャパン)公式 正規品】

(2017年追記)少しずつ使いやすい形に、そして名前も変わっています♪






[るんるん] [るんるん] [るんるん]


〈動画のBGM〉

ベートーヴェン作曲
ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」
ピアノ=イーヴ・ナット[1954年録音]
*音源は Public Domain Classicより、著作権切れのものをお借りしています。




+ + + + + + + + + + + +



スポンサードリンク





nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 8

コメント 8

こうちゃん

ほう、155ですか?
僕との差は20センチですね。
ところで心の掃除機はないのかな?^^*
by こうちゃん (2011-09-29 08:45) 

うさ

>こうちゃん
そうなんです。ちびっちょなんですよっっっ(笑)。こうちゃんと20センチ差があっても私は普段は7、8センチのヒール履いているので、男女が並んだ時の美しい身長差にはドンピシャではないかと(なんのこっちゃっっっ)。

>心の掃除機
何を吸い取ってもらいたいのでしょうねぇ〜。あ、クリーンになりたいとかそういう意味かなっっっ。シャークのスチームでシューしてあげますよ〜〜(笑)。
by うさ (2011-09-30 00:43) 

sig

こんにちは。
欲しい、と願ったものが当たっちゃった。ラッキーでしたね。
説明も写真入りで、製品の取説より詳しそう。
動画はいきなり真横の画面が入ったりして、ちょっとびっくり。ちょっとですよ。最近はケータイで、みんな縦長の動画を撮ってますものね。動画は横長画面という固定観念は崩れつつありますね。
by sig (2011-09-30 11:21) 

みんこ

これ、かなりいいですね。
ショップのページまで見てしまいました。
いま、ダスキンモップをやっているのですが、
これに切り替えようと今思っています。それにしても、
うささん、その場で当たっちゃうなんて、素晴らしいっ!
by みんこ (2011-09-30 19:01) 

うさ

>sigさん
本当にラッキーでした! 自分の「運」をこれで全部使い果たしてしまったかもしれません^^; 今回の記事はすごく「説明」を意識しちゃったのですが、取説読めば済むといえば済むことなんですよね。
>動画はいきなり真横の画面が入ったりして、ちょっとびっくり。
いまだに時々やってしまうんですよ。。。もともと写真も縦構図が好きだったりするので…ついつい…(苦笑)。横での構図とかもう少し考えて録れるようになると良いのですが、とっさになかなか動けないなんですよね。。。普段、自宅でじっくりと商品と向かい合って撮るということに慣れているから余計にこういう本番に弱いのだと思います^^;
by うさ (2011-10-01 02:06) 

うさ

>みんこさん
これ、本当に良い感じです! 今度大掃除までにもっと使いこなせるようになって自分の言葉でご紹介出来るようになれたらいいなと思っています♪ 100℃スチームなので、実は油汚れにも有効なんですよ。レンジフードとかハンディタイプだとうまく出来るんですけれど、これはちょっと重たいから厳しいかな…とも思ったりしつつ…今度トライすることを計画中です。逆さまにしなければ使っても良いみたいなので、踏み台をしっかりセットして準備を整えたいと思います^^
by うさ (2011-10-01 02:07) 

sig

こんにちは。
画面の縦横は、今までになかった機器が登場したのですから、当然これまでになかった縦位置の撮影法があっていいのですよ。
私も五重塔を撮るときなど、まず斜めに全体を入れ込んだ後、ゆっくりとカメラを回して当の上半分を見せるような手はよく使います。こういう時、16:9の長方形画面はいいですね。
by sig (2011-10-01 10:18) 

うさ

>sigさん
ありがとうございます^^*
とはいえ…計算して縦構図にするならともかく…私はとりあえず、そういうことは通常はしないという認識を備えなければっっっと思ったりしています^^; 単なるクセみたいな感じなので、後から泣くことも結構あったり(笑)。

sigさんの説明してくださった五重塔のように、まずは頭の中でいろいろその映像を組立てながら撮影出来ることを目標にしてみたいと思います。結構その場は舞い上がってしまうことが多いので出来るようになるかどうかはお楽しみにっっっ(大汗)。
by うさ (2011-10-02 01:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0