SSブログ

日比谷花壇さんが提案される「花でたのしむXmas」〜その1 [Life Style]

リンクシェアさんの「リンクシェア・サロン」にて、とても素敵なイベントが開催されました♪ まだ少し早めとはいえ、もう11月も中旬にさしかかります。そろそろクリスマスの準備を始める季節がそこまでやってきていますね♪

1109No1コラージュ.jpg


今回のサロンはうさの大好きな「日比谷花壇」さんが提案される「Xmasの花贈り」。クリスマス・グッズって見ていて飽きないし、お伝えしたいこともたくさんあるので、3回くらいに分けてレポートしてみたいと思っています(間に別記事が挟まりますが…(笑))。

第1回目は、お花のデザイナーさんによるデモンストレーションの模様。短い時間でしたが、印象に残るとても素敵なお話を伺えたのです。


●構図は基礎であり、花をどう使うのかがデザイン

今回デモンストレーションを行なってくださったのは、日比谷花壇・日比谷公園店専属シニアデザイナーの「鈴木誉也(すずき・たかや)」さん。クリスマスを意識したアレンジメントを目の前で実際にやってくださいました。

鈴木さん.jpg


鈴木さんは、日比谷花壇に入社されてから、フラワーデザインの勉強を始められたのだそうです。ブライダルやゲストハウスのフラワーデコレーションを数多く手がけてこられ、現在は、ステージで音楽とのコラボ(音楽に合わせてお花をアレンジしていく!!)イベントなどを始め、活動の幅を拡げられていらっしゃるようです。

今回のアレンジに使われたお花さんたちはこちら


1花材最新.jpg


お花の姿を捉え、アレンジメントにどう生かしていくのか…そんなことが言葉の端々からもうかがえました。

「構図は基礎で学ぶことであり、誰もがその通りに作れば美しく配置することが出来ます。そして、花をどう使っていくのかが『デザイン』だと思います。」

鈴木さんの言葉です。なるほどなぁ…と思いました。

さて、そのデモンストレーションの様子ですが、最初の部分だけ動画が撮れました(なんと…メモリ不足ですぐに切れてしまいます…ごめんなさい)ので、まずはご覧くださいませ^^




このアレンジメントは「ジュエル(宝石箱)」という名前がついているそうです。イメージが湧きますね^^ 

●「ジュエル」誕生秘話

鈴木さんに突撃インタビュー(?)させていただいたので皆様にもお裾分けです♪

普段はお客様からのアレンジ注文が多く、出来るだけ意に添ったものをと心がけていらっしゃるのだそうです。が、今回の「ジュエル」を始め、日比谷花壇さんのネット上で販売されているお花のアレンジは、どんな人が買っていかれるのかということは特定出来ない中で作られていらっしゃるわけで…。

と、いうことで最初の質問。


Q. どんなイメージを持たれてデザインされていらっしゃるのですか?

A. 大きなポイントとしては2つ。

[かわいい]デザイン・トレンド
デザインにはある程度の流行があります。以前はウェディングのブーケ等も含め、大きめにまとめていくのが主流だったのですが、最近はコンパクトなブーケなどがトレンドになっています。コンパクトなアレンジのテクニックの一つに「グルーピング」といって花をかためて配置するという手法もあるのですが、それを有効に「ジュエル」でも取り入れています。

[かわいい]カラー・トレンド
この冬のトレンドカラーの一つはヴァイオレット

これらの情報を勘案して、より多くの方に美しいと感じていただける「商品」としてご提案させていただいています。

1アレンジ完成.jpg


Q. 今回のこの「ジュエル」は、お花をどのように宝石に見立てたのですか?
なんかちゃんと日本語になっていないような幼い質問になってしまったのですが(大汗)、ちゃんとお答えしてくださいました!

A. 「これはとてもシンプルに考えています。」

(1)宝石箱を作ろう! と考える。

(2)宝石のイメージを強く出せるお花を選択する。
 ※主役の花の選択・・・今回はヴァイオレットのイングリッシュローズ     「ザ・プリンス」とホワイトバラ「オートクチュール」

(3)宝石箱のイメージを連想させる器を選択する。
 ※アルミニウム製のスクエアベースを花器として選択しました。

(4)全体の形状を決定する。(外形)

(5)(2)で選択した主役の花を引き立てるお花を選択する。
 ※今回は(2)で選んだ花以外の素材。
  ここでは、同時にお花の配置・配列などのデザイン詳細も考えます。
 ※ただ低く面を揃えて挿すと
  平坦で面白み=魅力の少ないアレンジになります。
  そこに動きを出す為に、グルーピングや、
  花の高さを少しずつ変えたり(段付けといいます)、
  横向きにしてラインを見せる素材をプラスしたりして、
  動きを付ける事で魅力的なアレンジメントとなります。

(6)試作&微調整

(7)完成!!!

鈴木さん、とても丁寧な回答を、ありがとうございました(深謝)!

1bウェーブリーフ完成.jpg


●お花自身が心地よいように…

お花は全部が上を向いていれば美しいというわけではなく、横向きが美しい物があったり、ちょっとした向きだけでも醸し出す雰囲気は変わってくるのだそうです。この「ジュエル」はまたそんな意味合いから鑑賞してみても、奥深さが伝わってくるのではないでしょうか^^

そして、鈴木さんが大切にされていらっしゃることは、
「お花が心地よくいられるように努力する」
ということなのだそうです。

私のレポートでどれだけ伝えられたかはちょっと謎ですが、すごく素敵なお話でした。この「ジュエル」は、すでに日比谷公園店では購入出来るそうで、色もこの色だけではなく、「レッド」系や他の色でもリクエストがあれば作ってくださるのだそうですよ♪ ちなみに上記のは「ジュエル」の中のヴァイオレットです。そして、もうまもなく日比谷花壇さんのネットからも購入することが出来るようになるそうです。楽しみですね。(15,750円)

ジュエル.jpg


今日のレポートは「クリスマスの提案」という核心の部分にはまだ触れてはいませんが、こういう作り手さんたちの表情や想いをどうしてもお伝えしたくて取り上げてみました。先日、石井千花さんとお会いした時(その時の記事はこちら)も感じたことですが、日比谷花壇さんの専属デザイナーさんたちは、皆、「アーティスト」と呼びたくなるような、一人一人がとても素敵な方達なので、また一つ、私は日比谷花壇さんの「ファン」度がレベルアップしたような気がしています^^* 

音楽の道にも通じるようなことも、たくさん教わることが出来たイベントでした♪

楽しく素敵な時間をありがとうございました。&ここまで読んでくださった皆さんもありがとうございました♪

もっと商品を見たい方はこちらからどうぞ[次項有]日比谷花壇


日比谷花壇



nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 18

コメント 12

ゆみちゃん

街はクリスマスイルミネーションで夜はキラキラ華やかに彩られて
いるのよね。

お花は、心を癒してくれるし、華やかにもさせてもらえて良いよねぇ。

我が家のバルコニーでは「菊の花」が咲いている。
ちょっと・・・アレンジには向かないかも(^^;)
by ゆみちゃん (2010-11-11 08:46) 

明

素敵ですね(* ̄(エ) ̄*)ポッ
by 明 (2010-11-11 10:57) 

うさ

>ゆみちゃんセンセ
そろそろ、あっちでもこっちでもイルミネーションが始まっているんですね。今年はまだ全然情報収集もしていませんでしたが。この季節はせわしないけれども好きな季節でもあります^^

お花はその存在がそこにいてくれるだけで、元気をもらえるから、お家にあると全然お家の中が違いますよね。今回玄関に一つ置いてみたのですが(後日ご紹介予定)、「ただいま〜」ってドアを開けるとにこやかに待ち受けてくれていて、疲れがふっとびます^^v

ゆみちゃんセンセはバルコニーで結構いろいろな植物を育てていらっしゃるんですね。夏はゴーヤだったっけ(?!)もやっていたような…。菊もいろいろな種類がありますが、オーソドックスな形の菊なのかしらん? 生け花にはよく使われる花材のような気がするので、アレンジも出来るのでは?
by うさ (2010-11-11 13:46) 

うさ

>明さん
このアレンジ、本当にめっちゃ素敵でしたよ〜〜☆ イベントの最後にじゃんけん大会があって、最後まで勝ち残ったお友達のcocotaさんという方がお持ち帰りになりました☆ ご本人曰く「一生分の運を使い果たしたかも…」と(笑)。そのくらいみんな羨望の眼差しで見ていました。あまりに綺麗過ぎて、どうやって写真に収めたら良いのかわからなくてお手上げ状態になってしまった私です。
by うさ (2010-11-11 13:51) 

こうちゃん

クリスマスねぇ・・・・
彼女がいた頃は、それなりにお花や靴をプレゼントしたけど、もう、遠い思い出ですよ。v^^*
by こうちゃん (2010-11-11 17:22) 

sig

こんばんは。
ドキュメンタリーをこんなにすてきな動画として見せてもらったのは初めてです。スゴイ!
それに的を得たインタビュー。よくまとまっていて・・・。鈴木さんのお話はアート全般に通じる言葉ですね。

by sig (2010-11-11 21:09) 

うさ

>こうちゃん
ああ、切ないお話やね〜〜(って何故か関西弁に(笑))。こうちゃんが若かりし頃は、ちょうどバブル全盛期の頃でクリスマスというと大イベントで女の子をどう楽しませるかみたいなことで悩まれていたのでは…??? 靴やお花や…お洒落なこうちゃんがどんな演出で彼女にプレゼントしていたのか今度こっそり伝授してください^^v

今回写真を撮っていて…ああ、こうちゃんだったらどんな風に切り取るのかな…と思いましたよ。。。すごく素敵なアレンジを前にどうやって撮ったら良いのか…見えてきませんでした。他の写真のできばえも・・・だったし・・・。カメラが新しいとまだその癖みたいなのが全然わからなくてorzでした…。
by うさ (2010-11-11 22:46) 

うさ

>sigさん
もう、本当にいつもいつもsigさんのコメントには励まされっぱなしです。ありがとうございます。いつも同じ流れで同じような動画を作っていても…と思い始めてはいるものの、なかなかじゃあどうしたら良いの? というところまでは辿り着けなくて。ただ今回のは「イベントの力」がとてもあったと思うので、あまり悩まずに出来ました♪ ただ動画がこんなに短いところで終わっているとは…想定外でしたが…。orz 
>鈴木さんのお話はアート全般に通じる言葉ですね。
やっぱりそう思われますか^^ sigさんはフィルムの世界の方ですから、そういう方に同調していただけると本当に嬉しい限りです♪
by うさ (2010-11-11 22:46) 

きこじじ

niceをしていると時間がかかるのでここまで一気にまとめてみました!面白かった~
お花、素敵ですね。こんなふうに飾ってみたいですね。でも、センスが…><
by きこじじ (2010-11-12 23:20) 

うさ

>きこじじさん
レスが遅れてごめんなさい。
やっぱりページが重たいんですよね…。その都度バナーは一つ増やしたら一つ減らすとかやっているのだけれど、もっと減らさないと…ですね。そして、一気にたくさん読んでくださりありがとうございます^^

お花、ここまでくるとかなり贅沢〜〜という感じですが、1本1本のお花の表情がまた素敵なので、まずは気楽に生活の中に取り入れるということから始めるというのは、いかがでしょうか? 実は鈴木さんのセミナーでお家にある食器にお花を…という企画があって行ってきました。後日…アップするかも…。
by うさ (2010-11-14 00:41) 

moz

コーヒーカラーと白と緑、とてもシンプルでシックな宝石箱ですね。
なーーるほど、インタビューのお話ももさすがです。構図とか色彩にも流行があるのですね。
写真とかにも参考になるお話ですね。
ハロウィンが過ぎたらクリスマス、そして、お正月ですものね。 ^^
今年は、娘は何が欲しいのかな? そろそろ、聴いてやらないと(笑)
by moz (2010-11-14 15:49) 

うさ

>mozさん
コーヒーカラーのようにも確かに見えますね^^ 黒っぽい薔薇は、濃いパープル系のような茶系と混ざっているような…すごく神秘的な色でお洒落な色です^^ ということで、上記のは「ジュエル」の中でも「ヴァイオレット」という色での注文になるそうなんです♪
インタビューは実は鈴木さんにメールで直撃インタビューさせていただき、2つめの質問はそのままの言葉です♪ だからこそ、説得力がありますよね。色の流行もあれば、演奏にも流行があるし、「芸術」の世界の中にも「流行」ってやっぱりあるんですね〜って私も改めて思ってしまいました。
お嬢様はどんな物が欲しいって言われるのでしょうね。年々好みとか変わっていく様子も成長の一つとして楽しみなんでしょうね♪
by うさ (2010-11-14 19:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2